Home > 救急医療の将来性

救急医療の将来性

救急医療の現状はあまりいいものではありません。救命救急士などの職業について理解をしている一般人もまだまだ少ないからです。一秒でも遅いと命取りとなってしまうこともある大事な仕事を任されている立場でもあるため、多くの人から理解を得て、協力をしてもらわないことには発展もできません。

また、なりてが少ないという心配も挙げられます。誰でも救急医療に携わることはできません。国家資格が必要だったり、様々な研修や実務経験なども必要となってくることから、一人前に仕事ができるようになるまで相当の時間がかかることになります。そんな点を今の若い人たちは面倒に思ってしまうらしく、なかなか目指してくれないという現状になっています。

このままだと、今後ますます救急医療に携わる人員が不足してしまうことになります。救急医療技術は進歩してきているので、あとはそれにともなうような人員を確保することが今後の課題となってくることが考えられます。