Home > 救急医療の問題点

救急医療の問題点

現在の救急医療の現状は、患者数に対し、それを受け入れる医療機関、医師、病床が少ないという状態です。具合が悪くて救急車を呼んだにも関わらず、受け入れ先がなくてたらい回しになり、その間に不幸にも患者が亡くなってしまうというようなニュースを耳にしたことがあると思います。これが現在の救急医療の現状であり、最も深刻な問題点とも言えます。

救急医療とはまさに急を要する患者のためにあり、迅速に受け入れなければ意味がありません。一刻も早く治療が必要な重篤患者も多いわけで、たらい回しにするなど言語道断です。

しかし病院も理由なく受け入れを拒否するわけではありません。医師不足、看護師不足、訴訟の回避など、そこには根の深い問題があります。当直に専門医をズラリと揃えられるはずもなく、外科医が当直の時に消化器系の重病患者の受け入れ要請がきても、受け入れようがないのもまた事実です。

また地域によって医師不足の度合いが異なるのも問題点の一つです。医師に人気のある都市部の医療だけが充実するという結果になります。
これらは社会全体で取り組むべき問題です。