Home > 救急医療の魅力

救急医療の魅力

救急医療の魅力はなんと言っても医療に携わる人間としての大きなやりがいに尽きるでしょう。もちろん医療現場では内科でも歯科でも人助けには違いありません。やりがいはあるでしょう。もっと言えば、医療以上にやりがいのある仕事もあることでしょう。

しかし救急医療は医療現場の中でも特に適切な処置、観察、スピードが求められます。適切な処置をすることで、予後が著しく異なる現場でもあります。慢性疾患などと違い、救急医療の中で救える命、失われる命の明暗がはっきりと分かれます。医師だけでなく、その場に携わる人すべてが一丸となって協力し合わなければなりません。最もチームワークを求められる医療です。それこそが、救急医療の大変なところでもあり、魅力でもあります。

また救急医療では、とっさの判断力、機転がとても重要です。消化器系の内科なら消化器系の病気の患者さんしか来ませんが、救急医療では幅広い症状の患者がきます。時間との闘いでもあり、のんびりとマニュアルどおりに動いていてはいけません。経験を積めること、応用力が身につくことも救急医療の魅力です。