Home > 救急救命士

救急救命士

救急医療関連の資格と言えば、救急救命士が代表的です。救命救急士になるには、まず、資格試験を受けることになります。これは国家資格となっており、医師の指示によって特定医療行為ができるようになる資格です。

資格を取得すると、心肺機能停止患者に器具を用いた気道確保ができたり、薬剤を用いた静脈路確保のための輸液ができたりします。半自動式除細動器による除細動や心室細動などにも携わることができます。

この救命救急士の国家試験を受けるためには、まず、専門学校に通ってから受験するという方法があります。他には消防署に勤務してから受験するという方法もあるので、この資格をどんなふうに活かしたいかによって選択する側も違ってくることになります。消防関係として資格を活かしたいのなら、当然、消防署に勤務することが先決です。もしくは、大学や短大などの専門課程を修了し卒業することでも試験を受けることができます。目的に応じた方法を選択することが大事です。