Home > 医師国家資格

医師国家資格

救急医療関連の資格として代表的なものは、医師免許です。これは医師国家資格となります。医師免許を取得するためには大学の医学部や医大の6年間を修了し、卒業することがまず第一条件です。それから医師国家試験を受けることになります。

医師国家試験に合格することができたら、保健所に申請をすることで医師免許を交付してもらうことになります。日本で取得した国家資格となることから、日本国内でしか使用できません。外国で開業したいと思ってもそれはできないことになっています。

専任コンサルタントの手厚いサポート

医師免許を取得したらすぐに一人前に仕事ができるというわけではありません。まず、2年間の臨床研修を行うことになります。大学病院や研修指定病院などで研修を受けてから、やっと、一人前の医師として世に出られるようになります。研修先は外科や内科などが一般的で、後は麻酔科なども挙げられます。

このように、医師の資格は思い立ってすぐに取得できるというものではないところが大変です。