Home > 救急医療の在り方

救急医療の在り方

救急医療の現状として問題視されていることは、スピーディーな対応がまだまだできていないところです。一分一秒というちょっとした時間でも命が助からないことがあるため、究明医療はとにかく速さが勝負となります。そのためには周囲の協力も必要です。

例えば、救急車が来たら道をあけるようにすることは必須ですが、中には協力してくれない車もあります。そのちょっとした判断で助かる命が助からなくなってしまうというのは、実に残念なことです。

それから、救命救急士のような職業があることを知っている人がまだまだ少ないという現状も問題かもしれません。実際に、数が不足しているからです。もっと若い人たちにもこういった職業があることやどんな職業なのかという点を伝えることも大事です。これが今後の展望となっていくはずです。

救急医療の今後の在り方として、もっと世間に業務内容を知ってもらい、協力を得られるようにすることがポイントと言えます。